スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【イベント報告】「角田光代さんミニトーク&サイン会」(2010.8.19開催) 

8・19(金)、角田光代さんのサイン会が開催されました!

当店イベントでレアに発生させる「サプライズトーク付き」となりまして、「お話もしてして!」とオネガイしてしまった当店文芸書スタッフのワガママをお許しください&角田さん、こころよくOKしてくださり、ありがとうございました!

というわけで、文芸スタッフを聞き手として30分ほどのミニトークはスタート。

今回は毎日新聞社より発売の『ひそやかな花園』の刊行記念だったのですが、このお話は「とにかく、読んでください!」としかいいようのないミステリーな謎があるのです。ゆえに、トークのテーマは旅。

7月に、秋放映のNHKBSテレビ収録のため行っていたというスペイン・バスク地方。かの地にあるという「カクタ山」(!)のお話から「朝8時にご飯を食べたきり夕方4時までカメラ回しっぱなしのスケジュールで、お腹がすいて苦労した日々、最終日には「どうか、人間の体のサイクルにあわせて食事をさせて!」と監督に泣きついたことなど、短時間ながら笑いにあふれるエピソードを披露してくださいました。

「もう情報公開してもいいと思うんですけど」とおっしゃって明かしてくれたのは、ナントこの旅番組、撮影は四作家で同時進行。ほぼ同時期に、日本人女流作家が海外に飛び、それぞれの興味ある地域に行って、興味あることをしてくる、という企画なのだそうです。角田さんのほかに、江國香織さん、井上荒野さん、森絵都さんがそれぞれの旅を。なんと豪華!

角田さんはバスクのスローフードをたずねる旅だったそうで、「おいしかったのは、カクタ山のふもとの牛です(笑)」
放映が待ちどおしい!!

サイン会ではファンお一人お一人とにこやかに言葉をかわしておられ、角田さんの魅力あふれるイベントとなりました!

(文芸担当 間室)

      P1010153.jpg        P1010154.jpg
                            【ミニトーク風景】


                     P1010155.jpg
                            【サイン会風景】

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。