スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【こんな本が売れています】 ABC六本木店シリーズ企画2011 壁を越えて 編 part.3 

                     blog+kabe_convert_20110301215733.jpg


今週注目の一冊は『変愛小説集Ⅱ』です。

翻訳家の岸本佐知子さんの編訳による、世にいう「普通」の恋愛小説からいくらか(いや、だいぶ)逸脱した愛を描く作品集の第二段。

イケメン選び放題の孤島に暮らすギャルの行き着いた実存的不安、妻が実はまったく別の「何か」であることに気づいた夫の怖れと焦り、まだ見ぬ友人の妹に妄想を馳せる男に訪れた、思いもよらない「新しい世界」-。

一見「変」な彼らの気持ちや行動も、その孤独やコンプレックス、対峙せねばならない悩ましい現状があることを思えば、あなたにもどこか身に覚えがあるはず。「恋」と「変」の字がよく似ているように、両者の間にあるはずの壁も、実はそれほど確かなものではないのかもしれません。それを証拠に、つわもの揃いのこの短編集の中でもとびきり奇妙なある作品(チアリーダーがでてきます)を読むと、「わー、へーんなの!」と思いながらも泣けてきて仕方がありません。

誰かを想い、幸せを追い求める私たちはいつも「変愛」の入り口に立っているのです。

(六本木店スタッフT)

「壁を越えて」ブックフェアは来週までとなっています!
ぜひ当店へ直接足を運んでくださいませ。

<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/108-1805e09d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。