スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【イベント報告】「奥泉光と鴻巣友季子の文芸ビックリ箱」VOL・4(2011.5.27開催) 

          ビックリ箱1  ビックリ箱2

               【トークショー風景】               【コラボ・ライブ風景!】

                      ビックリ箱3

                              【サイン会風景】

5・27(金)、「奥泉光と鴻巣友季子の文芸ビックリ箱」VOL・4が開催されました!人気男性作家と人気女性翻訳家、お二人どちらかの新刊が出るたび当店にいらしていただき、にぎやかにおしゃべり、朗読、奥泉先生のジャズ・フルート演奏などが繰り広げられる六本木店オリジナルイベントです。「ビックリ箱」という名のとおり、今回もビックリがもりだくさん!

まずは鴻巣さんの持ち込み企画「がんばれ、世界のダメ教授」。このVOL・4は文藝春秋より刊行の奥泉先生の『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』刊行記念だったのですが、この桑潟幸一、通称「クワコー」は日本で1,2を争うダメ准教授。勉強が嫌いで努力が大嫌い。読むものはもはやマンガとゲームの本のみ。見るのはネットのエロ動画だけ。そしてあらゆる自分の不幸、不遇を他人と環境のせいにする、というドイヒーぶり。鴻巣さんはそんなクワコーに匹敵する<世界のダメ教授>が登場する本を、ナボコフ、ディヴィッド・ロッジ、中国作家の注目株であるハ・ジンまで、幅広く集めてお持ちになり、披露!「この人は<クワコー度>が高いのよね」などの解説に、会場と奥泉先生、大盛り上がり!

トークはさらに「クワコーって『坊ちゃん』ですよね!」という鴻巣さんからのするどい洞察発言。奥泉先生といえば、『吾輩は猫である殺人事件』や『坊ちゃん忍者幕末見聞録』といった、漱石へのオマージュの作品がありますが、「クワコーは今度赴任した千葉の大学で、まず女子大生たちと言葉が通じない。イマドキの女子たちが何言ってるかわからないし、だから何考えてるかわからない。そして明らかに下に見られてる(笑)。こういう状態は、松山に赴任したときの坊ちゃんにそっくり。いわば、言語封鎖されてしまってるわけですよ」と鴻巣さん。

「言われて初めて気がついた(笑)。そうそう、クワコーの同僚の先生たちも、『坊ちゃん』の登場人物と同じく皆ヘンなあだ名つけられてるしねえ。ただ、千葉の女子大生たちのありかたって僕の理想なんですよ。今の若者は、という言い方はあまりしたくないのだけれど、イマドキの若い人たちは友人たちの中で大変に気をつかってますよね。自分が傷つきたくない、あと相手を傷つけちゃいけないってのがあるんだろうけれど、そういう絶えざる緊張の中、ソサエティを作ってる。一方千葉の女子たちは、大学近くの林に住んでるホームレス女子大生はいるわ、100キロ超級の学生女子プロレスの勇者はいるわ、バスガイドのコスプレ風なのはいるわでスゴイんだけど、あの中で、誰かに話しかけられたとき無視する子がいるでしょ。脇で見ているクワコーのほうがドキドキしちゃうんだけど、彼女たちは<あの子はああだから>とタフに受けとめ、関係はとぎれない。話がかみ合わないことはあってもネットワークは壊れない。これは理想だな。クワコーはその中で、女子たちに理解はされていないけど、受け入れはされてる。まあ、しもべ化ですよね(笑)。これは彼にとって、一種の解放かな」と奥泉先生。

トークが一段落したところで、いよいよこのイベント恒例の、鴻巣さんの朗読に奥泉先生が即興でジャズ・フルートをからませるコラボ・ライブ・タイム!鴻巣さんが挑んだのは『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』に漱石の『坊ちゃん』をミクスチャーして読む、という斬新なココロミ!奥泉先生の軽快かつスリリングな演奏と息もピッタリ。すべてがアドリブで、この生披露が初めての合わせ、というのが信じがたいほどの素晴らしさ。会場、大興奮!!大盛況のうちにイベントは終了しました。

なお、この『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』の177ページには<クワコーあこがれの書店>として、青山ブックセンターの名前が出てきます。しかも太字で!ぜひ、チェックしてみてくださいまし!

(六本木店スタッフ 間室)

<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/120-1a4aec6e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。