スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【イベント報告】「都築響一ワイドショー」VOL・7(2011.7.13開催) 

                演歌よ今夜も有難う



7・13(水)19;00~、六本木店オリジナルイベント「都築響一ワイドショー」VOL・7が開催されました!「もっともアンダーなところから、もっとも純粋なものが生まれてくるのはナゼ?!」をテーマに写真とルポで活動を続ける都築さん。今回は『演歌よ今夜も有難う』(平凡社)の刊行記念。皆様を「インディーズ演
歌」の世界へお連れします!

まず登場したのが本書の表紙を飾っている演歌歌手みどり・みきさん!「足立区のレディー・ガガです!」という都築さんの紹介に、小柄な体を折り曲げてものすごく綺麗なお辞儀をしつつ,「こんばんわあ!」と張りのあるお声でご挨拶。とても67歳とは思えぬ美声。さすが現役演歌歌手!会場からは大きな拍手が。

「僕が演歌取材を始めたのは『月刊カラオケファン』から連載の声をかけてもらったのがきっかけ。そこでは<演歌歌手の自宅を訪問し、ステージ衣装で立ってもらう>というのをやっていていました。「8畳一間で兼事務所」なところでキンキラキンのスーツ着てもらったり、お茶の間めいたところで百万円くらいする着流し姿に
なってもらったり(笑)。で、ロックやヒップホップだけでなく、演歌にもインディーズの世界があることを知りました」。

都築さんのトークは続きます。「たとえば僕が急にラッパーになって友達とユニット組んだら(笑)、CD1000枚出すのに、いまなら50万円以下で出来る。全部Macでやりゃあいいもんね。ところが、演歌だと300万から500万くらいかかる。なぜなら、演歌の人の多くは、自分は歌うのみなの。曲や演奏の自前というのが
出来ない。だから作詞の先生、作曲の先生、編曲の先生、あとバンドに払うものが発生する。さらに演歌って歌謡界でももっとも古くからあるジャンルゆえの体質やシステムの古さがあって、「予算、見積もりの倍かかりました。払って。」がまかりとおる世界。こんなアンダーな世界の一番底辺で純粋に「演歌が好きで歌ってる、CD自主制作して手売りしてるって人がいるんですよ~」。

プロジェクターには「インディーズ演歌歌手に出会える場所」が次々映し出され、そこで熱唱している歌手の皆さんとともに紹介されてゆきます。

まずは路上(!)「この人は毎日、巣鴨駅前で歌ってるんです。アパートから20キロの機材を毎日ガラガラに乗せて運んできてねえ」 

次はお祭り「みんな地べたに茣蓙しいて座ってるでしょ。演歌歌手の方はステージが終わったら、脇のほうに机出してもらってCD買ってくれた人にサイン、握手、記念撮影、と、ひととおりやるんですよ~」 

その③スナック「でも最近、スナック回りは歓迎されないらしくて営業減ってるらしい。スナックの客って自分で歌いたがる人たちだからなあ(笑) 

その④昼間のカラオケ喫茶「スナック回りの代わりに最近よく行かれるのがここ!朝10時から夕方まで1000円でお茶ついて歌い放題、というところだから朝からおじさんおばさんご老人たちで満員状態。そこでナマ歌披露してCD買ってもらうわけよ」 

その⑤老人ホーム「車椅子のおばあちゃんたちに、かがんで目線あわせて握手。ホロリ。」 

その⑥健康ランド「ここが一番のカオスですよ~(笑)。なにせ、風呂上りで老若男女お揃いのムームー着て酒飲んでますからねえ(笑)

外国人アーティストをこういうところに連れて行くとイジョウに喜んでくれます!この前、ウォルフガング・ティルマンズ(注:世界の若者に超人気の写真家兼美術家)連れてったら、発狂してた」。当店会場、爆笑!! 

トーク終了後のサイン会では、みどり・みきさんも都築さんと一緒に本書にサイン。心温まる小一時間となりました!

(六本木店スタッフ 間室)


<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/130-39db2205


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。