スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏真っ盛り 

皆様こんにちわ。スポーツ書担当の松村と申します。
夏真っ盛り、今どのジャンルのスポーツも熱い展開になってきています。
夏の甲子園では史上初2試合連続雨の為ノーゲームあり、
海の向こうメジャーリーグではイチロー選手のメジャー記録9年連続200本安打への挑戦、
ルーキー田沢選手の初登板サヨナラホームラン敗戦投手、
ゴルフ界では悲願のアメリカツアー初優勝の宮里藍選手、
4大メジャー挑戦の石川遼選手などなど話題はつきませんが、
ひそかに注目されているのが8月30日(日)両国国技館にて行われる
全日本プロレスメインイベントの武藤、船木組対蝶野、鈴木みのる組のタッグマッチです。
それぞれに関連性がありそれを理解している人は何があっても生でみておかないと後悔すると思われます。
この中の船木、鈴木が以前所属していた団体UWFについて書かれた書籍『U.W.F戦史2』が刊行されました。
ufc.jpg
『U.W.F.戦史〈2〉1987年~1989年新生U.W.F.復活編』(茉莉花社)

パート1(第一次U.W.F)も好評で現在もおだやかに売れ続けています。
1980年代にカルチャーの1つとして認識されていた第二次U.W.Fの真実、
現実が全718ぺージで描かれています。
プロレスファン、UWFファンは絶対、それ以外の方はそれなりにで御願いします。
こちらは当店2Fスポーツ書コーナー真ん中あたりに平積みしております。
ご来店お待ちしております。

<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/22-79fc841a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。