スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お盆といえば 

こんばんは。
音楽担当の石神です。

皆様お盆はどうお過ごしですか。
さすがの六本木もこの時期は人が少ない。
お店ものんびりモードとなっております。

さて、お盆といえばコミックマーケット!
ご存知の通り日本の誇るマンガ・アニメの祭典。
毎年ウン十万人もの人が訪れるビッグイベントです。

一般的にはマンガしかないと思われているコミケですが、
自作ゲーム・アニメからTVバラエティ番組の研究本、
料理やペットのエッセイなど様々な自主制作物の展示販売が行われています。

そんなカオスなコミケでいまもっとも注目をあびているジャンルが「同人音楽」です。


いわゆる自主制作音楽シーン(インディーズ)なのですが、
特徴的なのが、マンガ・アニメ・ゲームからの強い影響を元に、
それを音楽というフォーマットで表現をしているというところです。
ジャンルもポップ・ロック・クラシックからテクノ・ヒップホップなどダンスミュージック、
さらには現代音楽までと多種多様な広がりを見せ、今なお進化を続けています。

こんなディスクガイドが発売されたり、
『同人音楽を聴こう』(三才ブックス)
doujin1.jpg
今月号のアイデアでは同人音楽の中の一ジャンルである、
「J-CORE」(アニメやマンガなどオタクカルチャーネタをサンプリングしたハードコアテクノ)
のアルバムデザインが特集されたりと盛り上がりを見せつつあります。
『アイデア 336 漫画・アニメ・ライトノベル文化のデザイン(後編)』(誠文堂新光社)
idea.jpg

同人というだけあって一般流通はしていませんが、、
ネットを探せば刺激的な作品があふれかえっています。
音楽好きを自称する方はどうぞ一度この音楽シーンをチェックしてみてください。


<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/24-64f401e3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。