スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京ゼンリツセンガンと、美しき標本。 

こんにちは、永井です。

 今日からプロ野球、クライマックス・シリーズ(以下、CL)開幕ですね!やっぱり注目は楽天でしょうか?!実は楽天にとってCL突破は夢ではない!と私マジに思っております。なんせ短期決戦ですから岩隈、マー君がしっかりと勝ってくれれば2勝は堅いかと。あと再生した大砲、山崎武司!現役時代の落合、もしくはヤンキースのA・ロッド並のホームランの打ち方ですよ、あれは!また、なんといっても楽天、逆転勝利が多い!これは観ていてかなり盛り上がります。いやぁ楽しみです!

と関係ない話もそこそこに・・・

新刊ニュースです。

写真家・アラーキーこと荒木さんの最新写真集が入荷しました。タイトルは『東京ゼンリツセンガン』(ワイズ出版)。実は荒木さん去年の夏に癌が発覚、手術を決意したそうなんです。しかし病気になってもただでは帰ってこないのがアラーキー!その手術後の約一年間の写真をまとめたものが今作なんです。痛々しい手術跡あり、白衣の天使あり、ヌードも、街も、と満載なわけですが、なぜかいつもとちがうような気がしてしまうのは私だけでしょうか?被写体が何であれ、撮っているアラーキーの姿をそこに感じせずにはいられない写真群。それははたして今までと同じ日常だったのでしょうか?!おそらくアラーキーにとってひとつの転換点となるだろう写真集、ぜひ手に取ってご覧ください。

ゼンリツセンガン
ワイズ出版より発売 定価\3,990

 
 続きましてもうひとつの新刊です。『〔新世界〕透明標本』(小学館)。こんな標本はじめて見ました!というか、これを“標本”で括ってしまってよいのでしょうか?!「筋肉を透明化し、軟骨を青く、硬骨を赤く染色する」という手法を用いられたこれらの生物標本はもうワンダフルですよ。魚あり、甲殻類あり、両生類のカエルなんて、こんな色であるならば飼ってみたいと思ってしまいます(もう標本なんですけどね)。ぜひ店頭で中身チェックしてみてください。美しき新世界、そこにあります!

透明標本
小学館より発売 定価\1,575

<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/42-18ce627b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。