スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ザ・ロード』(ハヤカワepi文庫)映画公開記念(翻訳者 黒原敏行 お薦め本)からのー 

現在公開中の映画『ザ・ロード』の原作にして、ピュリッツァー賞受賞作。現代アメリカ文学最重要人物とも噂される、コーマック・マッカーシーの翻訳を数多く手がけてきた黒原敏行先生が、当店のために『ザ・ロード』に繋がるお薦め本をセレクトしてくださいました。

このフェアのタイトル『なぜ今、世界の破滅がリアルなのか?』も黒原先生が!

『ザ・ロード』をはじめとする、荒廃した世界を舞台とした傑作SFがズラリです。
ひとつの作品から広がる本の世界が存分に楽しめます。映画を観て、原作を読んでみようと思っている方も、本作を既に読んで次の本を探している方も、ぜひぜひ青山ブックセンター六本木店に足を運んでみてください。




と、ここまではABCHP(http://www.aoyamabc.co.jp/12/12_201007/epi.html)と同じですが、
ブログなので先生と担当者の出会い編。

私が黒原先生と実際コンタクトをとらせていただくようになったのは、『ソフィー』(創元推理文庫)のおかげです。こちらの作品が本当に素晴らしいのです、、詳しくは「本よみうり堂」(http://blogs.yomiuri.co.jp/book/)に書評を書かかせていただいたので気になった方はぜひ読んでやってください。(カテゴリー文学・恋愛)

去年の12月にこちらの本にまつわる幻想小説フェアをやらせていただきました。
そして、文芸担当のMから先生のアドレスを聞きだし、フェアのことや『ソフィー』ワンダフルです!と舞い上がったメールを送りました。

すると、優しい黒原先生から返信があり、なんと実際に店舗に足を運んでくださいました。
(ありがとうございました!)

こんな具合で、今もフェアやイベントと連絡を取らせていただいています。

本がつないでくれた出会いに今でも感動です!

そんな『ソフィー』(創元推理文庫)は六本木店文庫コーナーにてばりばりの平積みになっています。
ぜひ読んでみてください。


(文庫担当 高橋)








<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/62-b5d5c749


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。