スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【イベント報告】川上未映子さんサイン会(2010.7.12開催) 

7・12(月)19:00~、川上未映子さんのサイン会が行われました!新潮社より発売のエッセイ『夏の入り口、模様の出口』刊行記念です。

2年前の2月14日、川上さんが芥川賞受賞直後にやってくださったサイン会のときは、7割くらいがおじさまファン。「逆バレンタインです!」と言って、チョコレートやらお花やらが渡されておりましたが、あれから客層に変化あり。今回は8割がたが若い男性ファン、残りの1割がおじさま、残りの1割が女性、という傾向でした。これは、今回のご本の連載がサラリーマンがよく読む『週刊新潮』だったからかもしれません。川上さん、たしか『Hanako』でも連載を持っておられ、それが本にまとまるときは、女性のお客様中心になるかも、と早くも<とらぬたぬき>を始めるスタッフ。

川上さんは、ファンにとても明るくあたたかく接する方。
「双子が生まれたので、兄弟たちの名前を入れてください」という若いお父さんや、川上さんが「覚えてる!」と叫んだめずらしい名字の常連さん、字は違いますが「河上さん」などがいらっしゃり、お客様とにぎやかに対話しながら会は進みます。

整列時、緊張気味のお客様たちが、サインをもらって戻ってくるとき、皆、顔がユルんでいて、川上さんの愛の力ですねえ。スタッフもなごみます。

今回も、ラブレターやらお菓子やらお花やらのプレゼントが乱れ飛んでおりましたが、圧巻は「スイカ」。しかも、ボウリングのボールをふた回りほど大きくしたくらいの、とてもでかいやつ!

カップルのうち女の子の方が、BFの合図とともにそれを抱えて進み出てきて、会場騒然!

川上さんは目を丸くしつつ「私、スイカ、今年初めて!」と大喜び。明日は新潮社でスイカ割り?!

というわけで、参加者大満足の1時間20分でした!!川上さん、秋に小説を出されるとか。またいらしてくださいね!

(文芸担当 間室)



<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/64-5282c413


-

管理人の承認後に表示されます
[2013/07/23 18:05] URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。