スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【イベント報告】有栖川有栖先生トーク&サイン会(2010,7,21開催) 

7・21(水)19:00~、ミステリ作家・有栖川有栖先生のミニトーク&サイン会が開催されました!理論社ミステリーYA!『闇の喇叭』刊行記念です。会場には100人を越すお客様がつめかけ、9割がた、女性!ハート模様の熱気がムンムン。

当店のミニトーク付きサイン会は、通常40~50分お話ししていただき、残り10~20分でサイン会。計一時間、というものなのですが、今回、受付を始めたところ、スタッフの予想の2倍3倍のペースで申し込みが!

いつものイベントでいくかわりに早々に参加人数を締め切るか、できるだけ参加は受付けるがそのかわりトークの時間をいつもの半分にするか、という選択をせまられ、当店は後者を選びました。かぎられた人数でいつもどおりより、有栖川先生はできるだけたくさんのファンに会いたいだろう、会っていただこう、と・・・!

しかしいかんせん、せまいフロアにいつもの2倍3倍の人数。というわけで、当店初の「お立ち台」が用意され、そこにご登壇の有栖川先生。「なんだか立候補してるみたい」と思うスタッフをヨソに、トークはスタート。

先生が大阪・梅田で体験した、靴に関する「日常の謎」にはじまり、いやあ、関西の先生方はどなたもお話がたいへんじょうずですが、有栖川先生の面白さは1,2を争いますね。最新刊『闇の喇叭』執筆秘話、架空の世界を舞台にした意味、若い読者への希望etc、20分という時間ながら、次から次へと繰り出されるアリス・ワールドに会場は時にまじめにうなずき、ときに大爆笑につつまれ、短時間ながら皆様、満足なされたようすでスタッフ一安心&有栖川先生、さすがです!

サイン会は長丁場となり、番号が最後のほうの方にはたいへん恐縮でしたが、皆さんなごやかに待たれ、2ショット写真をお願いするファンがこれまた9割くらいいらっしゃり、大盛り上がりの会となりました!お話をし、いっしょに写真を撮ってもらったことでポーッとなったのか、肝腎のサイン本をもたずに引き上げようとする女性ファンが続出だったのも、ほほえましい・・・。有栖川先生の魅力炸裂の夜でした!


(文芸担当 間室)

                   arisugawa_convert_20100723192454.jpg
                                【イベント風景1】

                      arisugawa1_convert_20100723192712.jpg

                                 【イベント風景2】


<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/65-9fc1d95b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。