スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【今日の本紹介】 『Y時のはなし』 快快  (HEADZ/play) 

             P1010166_convert_20101005172556.jpg
                              『Y時のはなし』 快快




芸術の秋、毎日どこかで演劇やパフォーミング・アート作品が上演されている。
でも全ての公演に行くことはできないし、おまけに過去の公演は見るチャンスすらない、、、と思っていたら、
HEADZさんから、演劇、パフォーマンス・アート作品をリリースする、新レーベル「play」が誕生しました!
第一弾は、ポップでハッピーなパフォーマンス集団、快快の『Y時のはなし』です!
 

先日、スイスで開催された、世界最大級の舞台芸術フェスティバル「チューリヒ・シアター・スペクタクル」にて新人賞を受賞した、今最も注目すべき東京のカンパニー、快快。
現代の匂いをまとったままの身体で、日常と非日常、客席と舞台の境界を越え、安全圏であるはずの客席も舞台の一部としてしまう彼らの舞台。
あらゆるものをつないだり、ズラしたりして、舞台を構築して行く様子は、まるでDJのよう。


そんな快快の初オフィシャルDVD、『Y時のはなし』は、夏休みの学童保育が舞台のファンタジックメロドラマです。
演劇の文法を解体するかのように目まぐるしく変化する視点。
映像や人形が生身の役者と混在し、複数の視点が生まれ、意識化される「見る」という行為。
そんな中で、観客は、大人よりも大人びていた子供の頃の自分を目撃するのです。


DVD化にあたり、映像の天野史朗氏がアニメーションを重ねた本作。
舞台の記録映像というよりも、ひとつの作品として見て頂きたい1本です。


また、『Y時のはなし』の音楽を担当された蓮沼執太さんのCD『シャンファイ/快快「Y時のはなし」O.S.T』も同時リリースです!

どちらも六本木店内のCDコーナーにて絶賛発売中です。

(六本木店スタッフ 中山)





<コメントの投稿>

 
 



 
 管理者にだけ表示を許可する

<トラックバック>

この記事のトラックバックURL
http://aoyamabcroppongi.blog58.fc2.com/tb.php/80-4082823d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。